資金調達には様々な方法がある

事業資金を調達したいと考えた時、どういった方法があるか考えることがあります。フリーローンを利用して、銀行融資を受けたり、消費者金融などのビジネスローンを受けたりなど様々です。自分の現状に見合った方法を探してみましょう。

資金調達に使われる方法をランキング

PCから出てくる紙幣
no.1

悪徳企業と無縁の銀行融資

銀行融資は審査にとても時間がかかります。そのため、即日融資は難しいですが、金利が低い上に悪徳金融と最も無縁な為、安心して借り入れすることができます。また、しっかりした返済計画をたてることができます。

no.2

即日融資が可能なビジネスローン

ビジネスローンは、即日融資を可能としている点が大きな魅力になります。しかし、売掛金として考えるのではなく、つなぎ資金として利用するなどを計画しないと、返済額が大きくなる可能性があります。

no.3

限度額が高い日本政策金融公庫

銀行融資と同じように審査に時間がかかる日本政策金融公庫は、高額な限度額を設定しています。また、小規模事業者でも貸付が可能ですが、書類や納税が必須となるため、厳しい審査内容になります。

no.4

確実に資金調達が出来るファクタリング

事業資金を確実に調達したいと考えるなら、ファクタリングがいいといわれています。売掛金があれば審査も通るといわれているほど、確実に資金調達ができます。また、買取という形で審査することで、貸付金として履歴が残ることもありません。

no.5

地方自治体からの制度融資

条件をみたすことで地方自治体から補助金をもらえたり、融資を受けることができます。条件は厳しいものが多いですが、補助金などは返済することもないため、資金調達には向いている制度ともいえます。

きちんとした返済計画を考えてローンや融資を受けよう!

紙幣と女性

資産運用はセミナー等で勉強できる

事業資金を作り、いざ資産運用を行おうと考えても、どういった動きを見せればいいかわからない人も少なくありません。そんな時は、セミナーを利用しましょう。セミナーでは初心者にもわかりやすい講座を解説してくれます。また、どういった資産運用がいいのかを考える事が出来る場でもあります。

硬貨と植物

海外fxとはどういった業者なのか

資産運用の中でも海外の情勢に大きく関わってくる「海外fx」は、外国通貨を使って運用する方法になります。また、国内の資産運用とは異なり、高金利なのが特徴的です。しかし、変動するリスクなど、注意しなくてはいけない点も多いです。

様々な資金調達法や資産運用法を学ぶ必要がある

日本には自分で会社を持ちたいと考える人や、株式投資で株主になりたいと考える人も少なくありません。そのため、様々な資金調達法があったり、複数資産運用法があります。しかし、知識がなくて出来るような世界でないのも事実です。きちんと知識を学ぶことで、失敗するリスクを軽減させましょう。

[PR]
イーキャピタルについて知ろう!
口コミで全てが分かる!

広告募集中