女の人

一番成功率の高い企業拡大法|M&Aは仲介業者を活用しよう

取り巻く環境もフォロー

婦人

成功率を高めることが目的

M&Aを利用する目的は様々です。今一番多くなっているのは後継者問題です。後継者が育たない、存在しないなどによって事業を買い取ってもらう事を第一に考えるケースが多くなっています。また、先行きの不透明さにおいて事業をクローズすることを検討している場合にも、買い取ってもらう事を考慮しているケースもあります。もちろんM&Aを最初から見込んで企業を成長させるようなアメリカ式の企業も存在します。しかし商社のようにM&Aをビジネスの一つとして取り扱っているケースを除き、一般の会社においては素人です。そのため知識や経験が乏しき、それが要因となり、M&Aを失敗させてしまうケースも少なくないのです。そこで仲介業者を利用することが便利になります。コンサルティングとも呼ばれる仲介業者は買収先などを積極的に斡旋してくれる企業です。もちろんコストはかかりますが、成功させるためには積極的に利用することをおすすめします。仲介は単純にM&A先を探すだけではありません。M&Aが行われば取り巻く環境も大きく変化します。その会社で勤務する従業員であったり、債権者など利害関係者などの動向です。それを含めて仲介業者はフォローしてくれるケースが多くなっています。しかし仲介業者のゴールは成立するまでです。買収後のフォローまでは行っていません。そのため、買収企業であれば、投資回収に至るまでのプロセスは自己の責任において進めることが必要になります。

握手

企業買収を業者に依頼

M&Aの仲介を依頼する際には、売買する会社の規模を考慮し、多数の企業情報を持った実績豊富な業者を選ぶことが大切です。また不要な出費を抑えるため、報酬体系や契約内容を事前にしっかり確認しておく必要があります。

男性と女性

企業の合併買収成功の秘訣

M&Aは、仲介会社のお世話になることで、ベストな相手先をスムーズに紹介してもらうことができます。また、M&Aに際し、法務や財務などの面から様々な支援や助言を受けられるのもメリットです。一定の案件の規模や業種に専門化した仲介業者もあるので、各社のニーズにより、使い分けることが大切と言えます。

社内

業者の利用

M&Aの仲介者は証券会社や銀行などが一般的です。仲介者の業務はさまざまで、候補企業の紹介、取引交渉の助言など、取引成立のために欠かせません。仲介手数料は、M&A市場の拡大により同業者が増加したため、以前に比べて値下げの傾向にあります。