メンズ

一番成功率の高い企業拡大法|M&Aは仲介業者を活用しよう

企業買収を業者に依頼

握手

報酬体系も確認

企業買収は多額の資金を要する取引ですが、日本にはM&Aの仲介業者に対する登録制度や免許制度がありません。そのため極端に言えば、誰でもM&Aの仲介コンサルタントを名乗ることができます。いいかげんな業者に仲介を依頼すると、手数料が不当に高くついたり、買収後にいろいろなトラブルが発覚したりすることもあります。M&Aの仲介業者を選ぶ際には、まず確かな実績があるかどうかを調べることが大切です。経験が豊富な仲介業者でも、得意とする企業規模が偏っている場合があります。大企業と中小企業ではM&Aに必要な法的知識やノウハウは自ずと異なってきます。仲介業者のスタッフの数や能力は限られており、すべての業種や企業規模に精通することは難しいでしょう。そのため売買する会社の規模に応じた業者を選ぶ必要があります。また適切な相手とマッチングするためには、多数の企業情報を持っていなければなりません。営業力の高い仲介業者を選べば、それだけチャンスを増やすことができます。このほか手数料も業者選びのポイントになります。M&A成立までの期間が長引くと、出費も大きくなりがちです。完全成功報酬型の契約ならば、不要な出費は抑えることができます。ただし契約によっては付帯事項が多く設定され、報酬以外にさまざまな費用が追加される場合もあります。契約書を事前にしっかりと説明し、疑問点を残らず解決しておくことは、M&Aの仲介会社を利用する際の大前提です。